レーザーも使える美容整形クリニックでにきび跡はケアする

婦人

手術の手順

医者

脂肪吸引を行なう際には、大阪のクリニックでも必ず術前の説明を欠かさないようにしています。手術の際には麻酔をかけることもあり、そうなるとリスクはゼロではありませんので、しっかりと説明が行なわれるのです。大阪の美容外科クリニックでこのようなことが行なわれるのは、患者の不安を取り除くためでもあります。不安なことがあれば、なんでも医師に質問しましょう。脂肪吸引を大阪のクリニックで受ける際に何を準備していけば良いのか、術後のケアはどうするのか、そんなことも細かく教えてくれます。術後は大阪のクリニックに通院が必要になるケースもあるので、スケジュールも確認しておきましょう。

脂肪吸引の手術では、カニューレと呼ばれる金属の管を体の中に差し込みます。そのため、術前には麻酔をかけます。この麻酔は精神的にも不安を感じることのないような作用がありますので、術中に怖くなることはありません。術中には眠った状態で施術を受けられます。患者が眠ったらいよいよ脂肪吸引をするのですが、まずは生理食塩水や麻酔薬を混ぜた液を注入します。これによって脂肪の層が柔らかくなるため、スムーズに吸引できるのです。吸引する前にはさらに細い棒で脂肪層をほぐし、その後で脂肪吸引をしていきます。挿入するカニューレは最初は太いゲージのものを使いますが、医師はこの太さや長さを使い分けて見た目にも自然な状態に仕上げていくのです。手術後は徐々に目覚めていきますが、マッサージや圧迫サポーターを巻いてきちんと皮と組織が定着するようにします。